厄除祈願(前厄、本厄、後厄)

〜厄年のお祓い〜

 

厄年の年回りは、良くも悪くも「変化」の多い年になります。心の変化、環境の変化など「人生の節目」に当たる年といっても良いでしょう。

 

厄除け(厄払い)のご祈祷を、ご奉仕しております。「大難を小難に」「小難を無難に」厄除けのご祈祷を受けられ、幸多い生活が送れますよう御祈念いたします。

 

 

◆厄年ですがいつ頃お祓いに行ったらいいのでしょうか?

 

2月4日の立春から厄に入ります。厄除けのご祈祷を受けるのは、2月4日から2月いっぱいに受けるといいでしょう。

 

 

◆節分って何?

 

節分は実は年に4回あります。

 

立春(2月4日)、立夏(5月5日)、立秋(8月7日)、立冬(11月7日)の前の日を節代わりの意味で、「節分」といいます。

 

現在では、立春の前の日をおもに節分といいます。その年の家庭の厄を追い払い福を呼ぶために、「鬼は外、福は内」と豆をまきます。

 

ちょうど、年末に大掃除をして汚れを取り除く感じです。

 

 

◆早生まれですが、本厄はいつになりますか。

 

早生まれで、2月3日までに生まれた方は前の年になります。

 

2月4日生まれからその年になります。

 

 

◆本厄はいつからですか?
  九星の境はどこ?

 

前厄 2月1日
前厄 2月2日
前厄 2月3日 節分

 

節分が分かれ目です

 

本厄 2月4日 立春
本厄 2月5日
本厄 2月6日

 

九星の分かれ目も同じです。

 

 

※暦によって節分と立春の日が前後します。詳しくは、自分が生まれた年の暦をご覧下さい。

 

 

厄年 早見表

 

平成31年(2019年) 〜 3年参り 〜

 

 

 

 

 

平成31年 星祭り厄年 早見表

 

八白土星 【八方ふさがり】

 

四緑木星 【本厄】

 

二黒土星 【厄】

 

八白土星 【厄】

 

本厄は9年ごとに回ってきています。そして、その中でとくに厄が大きい年を大厄と言います。

 

 

 

厄除開運祈願

 

厄除けのご祈祷を受け付けております。

 

一年、平和に暮らせますようご祈願致します。

 

ご祈祷料5,000円

 

 

1)厄除開運お札

 

 

 

2)厄除開運ご幣

 

 

 

3)お守り

 

 

 

4)宝船札

 

 

 

5)清め砂

 

 

 

6)祈願絵馬

 

 

 

1組ずつ、またお仲間ごとのご祈祷になりますので、予約をお願いします。

 

お問い合わせ・ご予約 ⇒ 0532-31-8595

お問い合わせ


おんたけさん 敬神大教会(けいしんだいきょうかい)

住所:〒441-8077 愛知県豊橋市神野新田町ロノ割154番地
TEL :0532-31-8595 (電話受付 月〜日 8:30〜17:30)
FAX :0532-31-7714
E-mail:メールフォーム

車30分内近隣市。東三河(豊川市、蒲郡市、小坂井市、田原市)
車60分内。西三河(岡崎、碧南、刈谷、豊田、安城、知立、高浜)

関連ページ

安産祈願
神主が神様に願い事をお伝えするご祈祷を致します。安産祈願、初宮参り、厄除祈願、七五三参り、車の祓、浄霊祈願、地鎮祭、解体祓、その他のご祈祷を受付けております。
お宮参り
神主が神様に願い事をお伝えするご祈祷を致します。安産祈願、初宮参り、厄除祈願、七五三参り、車の祓、浄霊祈願、地鎮祭、解体祓、その他のご祈祷を受付けております。
七五三参り
神主が神様に願い事をお伝えするご祈祷を致します。安産祈願、初宮参り、厄除祈願、七五三参り、車の祓、浄霊祈願、地鎮祭、解体祓、その他のご祈祷を受付けております。
身体加持
神主が神様に願い事をお伝えするご祈祷を致します。安産祈願、初宮参り、厄除祈願、七五三参り、車の祓、浄霊祈願、地鎮祭、解体祓、その他のご祈祷を受付けております。
正月初詣・鳴動式
神主が神様に願い事をお伝えするご祈祷を致します。安産祈願、初宮参り、厄除祈願、七五三参り、車の祓、浄霊祈願、地鎮祭、解体祓、その他のご祈祷を受付けております。