おんたけさん 敬神大教会 |神道修成派|敬神大教会|七福神社|ご祈祷・鑑定の案内|教会のお知らせ|神魂の創造|自分とは|野ブタのきずな物語|絵でみる悟り|命のきずな物語|お問い合わせ|サイトマップ|
おんたけさん敬神大教会ご祈祷・運命鑑定のご案内>星祭祈願


開運厄除け星祭り・節分祭祈願


星祭りのとは、九曜星を現します。

日曜星・月曜星・羅喉星(らごうせい)・計都星(けいとせい)・水曜星・金曜星・火曜星・土曜星・木曜星を合わせて九曜星とお呼びします。

一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星の生まれのそれぞれの人に、この九曜星の星が順番に巡ってきて、その星に当たる人の1年の運勢を司っています。

その年一年が、平和に楽しく暮らせますよう、開運星祭りのご祈祷を行っています。

平成29年[2017年]
九曜星
羅喉星 星祭り 静観の年
中心の年
中心的存在になる時です。実行に移さず静観し、次の年の準備期間です。善事善行をを行ってきた人には吉事が、誤った方針を続けてきた人には凶事が極端に現れます。「大変化の年」とも言われ、結婚、転業、独立、移転、増改築、新築などの問題も出てきます。自分の力に応じた行動は、良い結果を招きます。しかし、あちらこちらに手を出すと、八方ふさがりになります。キーワード『内面・内部充実』 一白水星
土曜星 星祭り 強運の年
施しの年
仕事も一段落、人々の労を労い施すときで、自分の力が増大し利益も増大する傾向のある年です。目標を再検討し、大きな目標を掲げ目標に向かって努力すれば、より一層の恵みを得ることが出来ます。何事にも行動に移せる年となりますが、柔軟性を忘れずに。何かとチャンスの多い年です。忙しい年になりやすいので、体調管理に心がける事が大切です。キーワード『与える心』 二黒土星
水曜星 星祭り 喜楽の年
趣味の年
仕事の成果と喜び、趣味なども充実していく時です。しかし喜びと引き替えに失費の重なる年になります。気のゆるみが生じ、緊張がとけて喜楽に目が向く時です。喜びにつながることは、大いに実行に移す時です。金銭的には出費が重なりますが、喜びや楽しさは素直に受け取るべきです。調子に乗って口数が多くなり言葉の災いは起きやすいので注意することです。キーワード『ありがとう』 三碧木星
金曜星 星祭り 変化の年
変革の年
現状の転換、改革を計画し、貯蓄に心がける時になります。何事も変化のある年になります。従来の方向性や計画の方向転換するなど、新しく変化するときです。思いがけない変革の必要に迫られることもあるでしょう。良くも悪くも変化が出てきます。心が波立ってあせりがちになります。何事も静観し、研究してジックリ進むことです。心も環境も変化の年と知って行動することです。キーワード『内観』 四緑木星
日曜星 星祭り 頂上の年
名誉の年
分かれ目であり、また、輝き・名誉を得る年です。頂上に登りきった状態であり下降を始める時でもあります。全てのものが表に現れてきます。努力や研究の成果が表彰されたり、受賞、栄誉などの話しも出やすいので感謝して受け取るべきでしょう。逆に仕事のミス、隠し事も表に現れてきます。文章、証書、印鑑の間違いが起きやすいので注意。地道な努力が報われる年です。キーワード『自然の恵み』 五黄土星
火曜星 星祭り 困難の年
創始の年
ものの始め・創始期・計画の年です。また、一番苦しく厄を背負う年となります。一般的に「本厄」「大厄」と呼ばれ、万事に要注意の年回りとなります。仕事や事業、商売での行き詰まり、また活気も失せ、体調も不調になりやすい年となります。この年はジックリと計画を練ったり、知識を深め研究するのは大吉になります。あせらず、英気を養う一年とするべきでしょう。キーワード『あるがままに』 六白金星
計都星 星祭り 準備の年
労働の年
物事に対して、コツコツと真面目に労働する年です。一般的に「後厄」の年回りになります。田植えに例えますと「種まき」の時期になります。なにごとも、あせったり、無理をするのは禁物です。沈着冷静に本業を守り、誠実にコツコツと地味な努力を続けることです。「コツコツ」と「努力」を心がければ、この年は徐々に運の開く、開運期となっていきます。キーワード『一歩一歩を確実に』 七赤金星
月曜星 星祭り 開運の年
発展の年
発展・進出の年であり、運気の開けてくる年回りになります。この年は、本来の力を発揮できる機運にあたり、自然に力が湧いてきて、ジッとしておれない気分の時です。この年に入ったら、心機一転、全ての新しい方向、新しい行動をこころがける事です。旧来の事や古い因縁はスパッと切り捨て、前向きに。ただ、突進しすぎな面が出やすいので、慎重さと頭脳プレーが必要です。キーワード『眠っている力』 八白土星
木曜星 星祭り 福運の年
信用の年
人から信用を得て、努力のかいあって花が咲くときです。最高の運気の年になります。何事も「ととのい」「まとまり」やすい年となります。盛運の好調の年ですが、軽々しい行動になりがちで、失敗のもととなります。この年に入ったら信用を得ることが先決です。顔にも心にも笑顔を絶やさず、常に喜びをもって他人に接することです。交際範囲も広がり、また結婚運も良好です。キーワード『調和』 九紫火星

 一目でわかる運勢グラフ・バイオリズム >>> http://9seikigaku.web.fc2.com/


◆厄年の由来は?

厄年は、中国の陰陽道から来ているそうです。陰陽道とは、陰陽五行説にもとづき森羅万象の働きを解読し、吉凶を判断する方術と思想のことです。

日本では、平安時代に陰陽師によって、日時や方位の吉凶を定めるのと同じように、厄年が定められてきました。

現在の「男25歳・42歳・61歳」「女19歳・33歳・37歳」というのが定着したのは、江戸時代になってからです。

それまでは、数え年7歳から厄が始まって9を加えていった年が厄年とされていました。また、33歳の「さんざん」や42歳の「死に」というのは、語呂合わせに過ぎません。


◆九曜星ってなに?

九曜星とは「日曜星・月曜星・火曜星・水曜星・木曜星・金曜星・土曜星・羅喉星・計都星」のことです。この中で凶星を司るのが「本厄・火曜星」「八方塞がり・羅喉星」「厄・金曜星と計都星」です。

火曜星・数え年6・15・24・33・42・51・60・69・78・87歳の人の運気を司り、口の災い、疫病をもたらします。

羅喉星・数え年1・10・19・28・37・46・55・64・73・82歳の人の運気を司り、失業、病難、破財をもたらします。

金曜星・数え年4・13・22・31・40・49・58・67・76・85歳の人の運気を司り、傷つき、悲しみをもたらします。

計都星・数え年7・16・25・34・43・52・61・70・79・88歳の人の運気を司り、失業、左遷、降格をもたらします。

厄年は、このように九曜星の働きによるもので、古来より人生の節目に厄除けを受けてきたのである。

しかし、還暦や古希など年祝いは、【役年】ともいわれ、【厄年】として忌み嫌う年だけではありません。現状を知り、いかに厄年を乗り切るか。一番大切なのは「心の在り方」です。



毎年2月10日 開運厄除け星祭り祭・節分祭

毎年2月10日に、開運厄除け星祭り並びに節分祭豆まきを行っております。

どなた様もお気軽にご参拝ください。

なおお祭り後、直会(なおらい)をご用意しております。写真集をご覧下さい

厄除祈願、節分祭

豆まきの風景


厄除祈願、節分祭

厄年でない人も福寄せの為に豆まき

厄除祈願、節分祭

豆を始めたくさんのお菓子を拾

厄除祈願、節分祭

祈願祭後は、直会にて食事




 星祭りのご案内



◆星祭りお札


 ご家族様全員の干支と九曜星印を記した
 お札を頒布しております。
 ご家族の一年間の厄除け札としてお祀り下
 さい。

     星祭り札 3,000円



◆節分豆まき

 毎年2月10日

   厄除け豆まき料 5,000円
           3,000円
           1,000円

どなた様も豆拾いに来てください。



豆まきご撤下品
▼5,000円     ▼3,000円   ▼1,000円
@御幣大   @御幣小     @開運守 
A金のお札   Aマス      
Bマス   B砂      
C砂   Cお菓子       
Dお菓子            
E御徹下品            


|星祭り祈願 お問い合わせ|
おんたけさん 敬神大教会
(けいしんだいきょうかい)
住所:〒441-8077 愛知県豊橋市神野新田町ロノ割154番地
TEL :0532-31-8595 (電話受付 月〜日 8:30〜18:00)
FAX :0532-31-7714 E-mail:メールフォーム

車30分内近隣市。東三河(豊川市、蒲郡市、小坂井市、田原市)。
車60分内。西三河(岡崎、碧南、刈谷、豊田、安城、知立、高浜)


大きな地図で見る


おんたけさん敬神大教会ご祈祷・運命鑑定のご案内>星祭祈願
|神道修成派|敬神大教会|七福神社|ご祈祷・鑑定の案内|教会のお知らせ|神魂の創造|自分とは|野ブタのきずな物語|絵でみる悟り|命のきずな物語|お問い合わせ|サイトマップ|